080-9360-6829
受付時間 10:00~20:00(水曜定休)
相談会に参加する
メニュー
CLOSE
カウンセラー紹介
無料相談会のご予約
画面トップへ
無料相談会はこちら

交際ステージによって、会話の重要なポイントは変わる

婚活コラム画像

こんにちは!

結婚相談所マリグリの松村です!

今回は、「交際ステージによって、会話の重要なポイントは変わる」といったお話をしていきたいと思います。

婚活の正しいステップとは?

結婚相談所の交際は、明らかな段階を経て結婚まで導いていく活動になります。

  1. 【お見合い】
  2. 【仮交際】
  3. 【真剣交際】
  4. 【成婚退会】

以上のように、明確なステージがあるので、自由恋愛で結婚相手を見つけるよりも、

実は難しくないって、知っていましたか?(^^)

正直、婚活では「やらなきゃいけないこと」ってそんなに多くはありません。

「人の心」がダイレクトに動く活動なので、思い通りに行かないことも多いですが、

それでも段階を踏んで、正しくステップアップすれば、成婚退会までは、意外とトントン拍子なんです。

 

ですが、なぜ世の中の婚活難民は、これほどまでに婚活を難しく考えているのでしょう?

それは各ステージでの正しい振る舞いを知らないからなんです。

ここで言う「正しい振る舞い」というのは、恋愛心理学や行動心理学にも基づいています。

  • 人を不快にさせてしまう振る舞い
  • 人に嫌われてしまう振る舞い
  • 人を離れさせてしまう振る舞い

などは、すべて科学的に根拠が見つけられるのです。

ですが、普段そこまで考えて交際はしていないですよね?

 

もちろん、そんなことまで考えなくて良いです。

...ですが「こういう時は、こうしましょう」という簡単なノウハウぐらいは知っておいた方が良いでしょう。

間違いなく、婚活が有利になりますよ♪

交際ステージを意識する重要性

まずはお互いにプロフィールを見て、見事マッチング出来ましたらお見合いが始まります。

お見合いでも好感触で仮交際に発展しましたら、何回かデートを重ねますよね?

繰り返されるデートの中で、色々とお話をされて、間柄を深めていかれるかと思います。

そして、お互いに「もうこの人しかいない!」と心に決めたら真剣交際に入られることでしょう。

大切なのは、この「交際ステージ」をしっかり意識して交際することです。

お見合い

お見合いの席で突っ込んだ質問をするのはやめましょう。

これは、あなたとお相手の関係性がまったく構築されていないからです。

  • 子どもは何人欲しいですか?
  • 貯金はいくらありますか?
  • 将来は私の実家の近くで済みましょうね♪

などなど、冗談に聞こえるかもしれませんが、お見合いの席で本当にある質問です。

お相手は、あなたを異性として意識する前に、人として大丈夫なのかを確かめています。

お見合いの席では、「お互いに良く知らない人」である以上、かなり注意を払わなくてはいけません。

関係性がゼロの時は、簡単にマイナスになる(嫌われる)ということを覚えておいてください。

 

まず、お見合いは「中身のない会話」で全然OKです!

趣味の話、マイブーム、普段どんな生活なのか...etc.

旅行が趣味の人だったら「今までどんなところに行ってきたんですか?」とか、

おとなしい人だったら「普段はインドア派ですか?何をされていることが多いですか?」など、

本当に他愛もない質問をすれば良いのです。

 

逆に結婚を連想させるような話題は控えた方が良です。

お互いにゼロの状態は、ほんのちょっと結婚観が違っただけでお断りに繋がります。

本当は深くお互いを知り合えば、ベストパートナーだったかもしれないのに

表面上のちょっとしたスレ違いで、ご縁が無くなってしまうのです。

 

結婚後、夫婦が一緒に生活をする上で「居心地の良さ」は重要です。

お見合いではこれを確かめるだけでいい。

何も中身のない話題こそが、これを確かめる一番いい手法なのです。

仮交際

仮交際中は、お相手との距離感を会話の内容やお相手の態度をよく見て判断してくださいね。

一般的には、デートを重ねれば重ねるほど二人の親密度は増していくものなんですが、もちろんカップルによって変わります。

3回目のデートで真剣交際を決めるカップルもいれば、6回デートを重ねてもお別れするカップルもいます。

お相手とのデートの回数より、親密度を感じて貰って判断してください。

仮交際中は「二人の距離感に合わせて、適切なお話をする」ように頑張ってみて下さい。

正直ここが一番難しい所です。

 

適切なお話とは?

それは、お互いの趣味ライフスタイル好きなことや嫌いなこと譲れないもの、などから...

恋愛観結婚観家族への想いどんな家庭を作りたいか、と移り変わっていきます。

先ほどもお話した通り、何度も出会っていくうちに、自然と関係性が出来上がってきます。

「突っ込んだ話」は、だんだんとしたくなるものなのです。

この時に大切なのは...

「あなたとお相手のズレを認め合うことです。

お相手と色々と話をしていく中で、ちょっとずつズレていくこともあるでしょう。

もちろんお相手にすべて合わせる必要はありませんし、我慢もしなくていいです。

しかし、細かいことをすべてきにしてしまうと、世の中の誰とも合わなくなってしまいます(^^;

よくここを「妥協」という人がいますが、そうじゃありません。

お互いを「認め合う」のです。

「あなたとは違う価値観を持っている人がいる。」

ごくごく当たり前のことを、ここで再認識するのです。

真剣交際

真剣交際だって、気を抜いてはいけないということを知っていますか?

価値観や結婚観は、既にすり合わせが出来ているでしょう。

最後に大切なのは、「本当にあなたと結婚する気があります。」とお相手に見せつけることなのです。

これを怠ると、下手をすると破局してしまいます。

 

一つ、振り返って欲しいのは…

結婚をするということは、「男女の仲」になるということですよね?

つまり、手もつなぐ、キスもする、子供を作って育てる可能性だってある。

一つの家庭を作っていく上で、どうしても避けられないものがあるのです。

「生理的に大丈夫」かどうかは、必ず真剣交際に入ったら確かめてください。

私は普段会員様には、「真剣交際に入ったら」手をつないでみてくださいとアドバイスします。

ベストなのは、「真剣交際を認め合った日」に手をつなぐことです。

なぜ、真剣交際に入る前ではないのかというと...

お互いのステージが明確に変わってから手をつなぐと、“イベント”として二人の記憶に刻まれるので、別れにくくなるからです。

簡単に言うと、気持ちがより一層盛り上がるので、別れにくくなるのです。

 

いい大人が、ただ手をつなぐだけで?

と思われるかもしれませんが、これは本当です。

真剣交際に入るということは、お互いに「異性として愛している」ことを認め合ったということです。

恋愛感情が刺激されない訳がない。

だからこそ、ここでお互いの“性と愛情”を感じることは必要なのです。

婚活でも恋愛感情は存在する

よく、結婚相談所で本当に人を好きになることなんてあるんですか?と質問を受けます。

 

......当たり前じゃないですか(^^)

結婚なんて、好きな人とじゃないと普通はできないでしょ!

あなたが思っているより、淡白な世界じゃないんですよ。

人を好きになり、振られて、落ち込んで、それでも前を向く。

“結婚”に特化しているから、特別なルールはあるけど、ほとんど自由恋愛と変わらない。

自由恋愛と大きく違うのは、カウンセラーが隣で支えてくれているかどうかです。

あなたの活動を、サポートするのが仕事なんです。

あなたのやりたいように、婚活をして欲しい。

カウンセラーはみんなそう思っています。

 

✅LINE公式アカウントにご登録していただきた方に、婚活に役立つプレゼントを配布中✨

結婚相談所MARIGURI(マリグリ)

★公式HP★

★Twitter★

★YouTube★

★TikTok★